アムリタな日々 

アクセスカウンタ

zoom RSS パステルレッスン&新作パステル画。

<<   作成日時 : 2015/06/21 18:57   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0



今日はパステルアートのレッスンでした。

お題は「森のリス」。

もうリスさんを描くのは3回目になるのと
Eさんも、パステルのレッスンは2回目で少し慣れてきたこともあり^^

かなりお互いに自由度を上げてのパステルタイム。

ポイントをお伝えし、出したい空気感の要点だけお伝えしたら
葉っぱの茎のうねり具合も
小道具も
好きな物を加えて描いていただくことにしました^。^

Eさんは絵に慣れてらっしゃることもあり、自由度が高い方が表現しやすい方という感じがして
あえてお互い、見本を元にアレンジして仕上げましょう、という具合に(-^□^-)

Eさんの作品♪

ピンクと紫の色使いがとても素敵です。
木の実もかわいい〜!

画像



ふわふわの幻想の世界です。




おまけの私の作品。

リスが、愛猫ぽんくんに顔が似てるかもw

画像






そして。

次回はこれを元に新作を描こう、と思っていたものの・・・

画像




少女と花車、というタイトルで
花車から、花が空へ舞い上がるファンタスティックな絵に仕上げようと思っていたのに


いたのに・・・



BGMにしていたのが

メジャーになる前の安全地帯の名曲「置き手紙」というバラードで

「さよなら あなたを 忘れていない」
「あなたの道は 変えずに 歩き続けて」

などという
これが実に切ないメロディに乗って、あの声で流れてくるものですから
(※録音状態は最悪^^;でも、いい歌は、それに左右されない強さがある。
 ネットで探すとかろうじてひとつ見つかると思います^^)

もう

胸がきゅうと苦しくて苦しくて



気づくと

絵柄が変わってしまい

さらに

昔の歌詞書きが楽しかった頃の血も騒ぎ?^^;

ポエムのようなものも同時に考えながら
描き進めたもの。



「花売り娘の恋」

海を旅する青年は
今宵の宿のその町で

花売り娘の花籠の
一輪のバラを買いました

旅の途中の気まぐれに
娘の胸へバラを挿し

旅の途中の気まぐれに
娘の頬にくちづけを


夕暮れ海に青年は
次の町へと船出する

娘はバラの咲く丘で
つま先立ちで彼を追う

胸の痛みは 覚えない
甘く苦しい 狂おしさ


花売り娘は今日も待つ
バラ咲く丘で あの人を

花売り娘は今日も待つ
つま先立ちで あの恋を



画像



わーわーわー(///∇//)!!!


またまた、こっ恥ずかしいのですが!!!

が。。。

思えば、歌作りの時は
この、詞を(詩でも)書くことを日常にしていたわけで

絵も
詩と隣り合わせというか、
どちらもどちらを内包しているものなので

自然に湧くのは自然現象かも・・・・^。^;;;


それにしても
流す曲によって
絵の構図が変わってしまうのですから

音楽の力って
大きいものです。。。



7月からは

いよいよ

インストラクター養成講座がスタートします!



※作品はオリジナルですので
そのまま模写で使うことはご遠慮願います(^-^)/
公式HPはこちら↓

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
パステルアート&足ツボ「亜夢莉多〜アムリタ〜」
(旧:yawaraka足ツボ健康館)

ここが自宅サロン部屋です。(アートの日はここが教室になります^^)


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
パステルレッスン&新作パステル画。 アムリタな日々 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる